熱帯魚飼育ガイド 買う飼う熱帯魚。

買う飼う熱帯魚

買う飼う熱帯魚HOME 熱帯魚を買う 熱帯魚を飼うための準備 熱帯魚を飼う

水槽のセッティング

まずは水槽の置き場所を決めましょう

当たり前ですが、熱帯魚を飼育する為には水槽を設置することが必要条件です。 水槽内に底砂や飼育水を入れ、フィルターや蛍光灯などの器具をセットすると、60cm水槽の場合で約85kgもの重量になります。

したがって水槽を設置する場合、必ずこの重さに耐えられる専用の台が必要です。

また、床は平らで安定した場所でなければなりません。したがって、畳の上など安定しない場所はさけたほうがよいでしょう。

給水しやすい場所を選ぶ
騒音や人通りの激しい場所は避ける
水道の蛇口が遠いところにあると、水替えの際などに不便です。
なるべく水道から近いところに設置したほうがよいいでしょう。
人間と同じで、大きな振動や音は、ストレスの原因になります。
また、テレビや冷蔵庫などの電気製品の近くは、水がかかると機器の故障の原因となるので避けましょう。

直射日光が当たらない場所を選ぶ
水槽を安定させる
水槽に直射日光が当たると、水温が上昇し、水槽内に藻が発生しやすくなります。
さらには魚を死なせたり、水草を枯らしたりする原因になることがあります。

水槽を置く台は、安定したものを選びましょう。
60cm水槽でも水を入れると約85kg程度になるので、その重さに耐えられる専用の水槽台を用意することが重要です。

水槽の準備

 水槽・砂利を洗って台の上に置きます。

このとき、洗剤は使わないでください。
水は1リットル一`にもなるので、しっかりした台の上に置くようにしましょう。砂利は手前が3〜4cm、後ろが5〜7cmの高さになるように敷くと、水草を植える際に、立体感のあるレイアウトが作れます。
 ヒーター・サーモスタットを取り付けましょう。

最近ではヒーターとサーモスタットが一体になったものが主流です。
また、ヒーターは、ガラス面に直接触れないようにしましょう。
 水を半分ほど入れましょう。

砂利を舞い上げないように、注意して入れてください。
 水草やアクセサリーを入れましょう。

自分の好きな配置で置いてください。
ただし、流木などを入れる場合、あく抜き処理されたものを使ってください。なお、水草を入れるときは背の高いものは後ろ、背の低いものは前にすると、見栄えがよくなります。
 塩素中和剤・水質安定剤を入れましょう。

水槽の水を魚・水草に適した環境に整えるため、塩素中和剤・水質調整剤を水槽内に入れましょう。
器具類の設置・動作確認をしてください。

フィルター・co2供給装置などが正常に作動するか確認してください。
なお、フィルターの中には、コップなどを使って、フィルターに水を満たさなければ使えないものもあります。説明書を読み、正しく組み立ててください。

ここで、すぐに魚を入れてはいけません。

どんな水質安定剤を使っても、すぐ魚に適した環境にはなりません。
特に最初は、水が白く濁ることがあるので、2〜3日、水の白い濁りが消えるまで、水をまわして(フィルターを回した状態)おいてください。
魚を買うのは、2〜3日後にしましょう。

 水温チェックします。

水槽のガラス面にかからないように、お湯を少しずつ足してかきまぜてください。水温を24℃〜26℃になるように調節しましょう。
 (2〜3日後) 魚を入れてください。

20〜30分間、魚が入っている袋を水に浮かべておき、水温を合わせます。
魚の入っていた袋の水は、なるべく水槽の中に入れないようにしてください。
 完成です。

以上で、セッティングは完了です。お疲れさまでした。
■エサの与え方

朝,夕に2回、きちんと時間を決めて与えます。エサの分量は魚が約3分で食べつくす程度にする。
■日照時間

1日に7〜8時間、照明は太陽と同じなので、毎日の規則正しい点灯・消灯が必要です。タイマーなどを利用すると大変便利です。
※蛍光灯や水草の種類によって適正な照明時間は違います。

注目サイト

おしゃれなガーデニング用品

 

 

Copyright(c) 買う飼う熱帯魚.All rights reserved.